ビゲンとは相性が良いです。

32歳と34歳で2度出産、35歳で全体の3分の1は白髪になりました。
パッと見は真っ黒で分からないのですが上側の髪を上げると中は全体的にまばらに白髪が広がっています。こめかみの上あたりは集中的に白く、隠しようのない 箇所なので困りました。

白髪染めビゲンの体験談

授乳中はあまり薬剤をつけたくなかったのでガマンして、卒乳してから美容院に行きましたがすぐに生えてきた髪の根本から白くなるの で半月程度しかもちません。育児の最中そう何度も美容院には通えないので今は市販の白髪染めを購入し自分で染めています。各社いろいろと使用してみました が、1番相性が良かったのは『ビゲンクリームトーン』です。ツンとした匂いはなく、つけた後の髪はしっとりしてあまり痛みません。元々染まりにくい髪質な のですが濃ゆめの色をつけて通常より若干長めに放置すれば短い白髪も残らず問題なく染まりました。余った分は次回用にとっておけるのも経済的でよいと思い ます。

また、1~2週間経過して生え際が白くなってきた時には『白髪隠し・ビゲンヘアカラー』を塗って1日だけ染めて都度シャンプーで洗い流しています。 2つを併用すれば2か月位は染め直さなくてよいので髪にもよかったなと満足しています。

 

Read More

白髪染めのタイプ別のメリット・デメリット

白髪の発生には個人差がありますが、30代を過ぎたあたりから現れ始めます。原因は加齢・遺伝・ストレス等様々ですが遅かれ早かれ全ての人におきる現象で す。その白髪を隠す白髪染めと言われる商品が市販の物でも多くありますが、今回はその白髪染めのタイプ別の特徴を紹介します。
【ヘアカラー】最も主流の白髪染めで『クリーム・泡・ジェル』タイプがあります。髪の毛の組織のメラニン色素を分解して、髪の内側まで浸透させることで定着させます。
『クリームタイプ』部分染めに適している白髪染めです。もちろん必要量を使えば全体も染められます。
『泡』スタイリング剤のように塗りやすく、誰でも髪全体を手軽にムラなく染められます。
『ジェル』髪全体に伸ばしやすく、すばやく塗れるのが特徴です。
ヘアカラーのデメリットは頭皮や髪への負担が大きいことです。そのため継続的に使用すると髪が傷んでしまうことが多いです。また肌の弱い方などは炎症が起きてしまう可能性があるので、使用前のパッチテストは必須です。
【ヘアマニキュア】髪の表面だけを染める方法なのでツヤツヤとした仕上がりになります。頭皮や髪への負担が少ないため、ヘアカラーが使用できない方にオススメです。デメリットは表面を染めただけなのであまり長持ちしないという点です。
【一時染め】急な用事などの際に応急処置として使用でき、スプレーやスティック状の物ですばやく生え際の白髪を隠すことが出来ます。デメリットはその名の通り一時的なものなので、シャンプーですぐ落ちてしまうところです。
いかがだったでしょうか。白髪染めと言っても色んな種類があります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで目的にあった白髪染めを見つけてください。

Read More