ビゲンとは相性が良いです。

32歳と34歳で2度出産、35歳で全体の3分の1は白髪になりました。
パッと見は真っ黒で分からないのですが上側の髪を上げると中は全体的にまばらに白髪が広がっています。こめかみの上あたりは集中的に白く、隠しようのない 箇所なので困りました。

白髪染めビゲンの体験談

授乳中はあまり薬剤をつけたくなかったのでガマンして、卒乳してから美容院に行きましたがすぐに生えてきた髪の根本から白くなるの で半月程度しかもちません。育児の最中そう何度も美容院には通えないので今は市販の白髪染めを購入し自分で染めています。各社いろいろと使用してみました が、1番相性が良かったのは『ビゲンクリームトーン』です。ツンとした匂いはなく、つけた後の髪はしっとりしてあまり痛みません。元々染まりにくい髪質な のですが濃ゆめの色をつけて通常より若干長めに放置すれば短い白髪も残らず問題なく染まりました。余った分は次回用にとっておけるのも経済的でよいと思い ます。

また、1~2週間経過して生え際が白くなってきた時には『白髪隠し・ビゲンヘアカラー』を塗って1日だけ染めて都度シャンプーで洗い流しています。 2つを併用すれば2か月位は染め直さなくてよいので髪にもよかったなと満足しています。

 

Read More

白髪染め歴10年超えました

年齢
10代から微量ながら白髪がありまして相当気にしていました。
34歳の頃初めて白髪について美容院で相談しました。そこで提案されたのが普通のカラーではなく、ヘナでした。
ヘナ
HENNAという植物でアフリカ、インドなどで採られます。純粋な色はオレンジ色でこれは白髪部分にだけ色が入り、黒髪を明るくすることはできません。
オレンジにいったん染めて上から紺色のインディゴを添付すると黒に近いこげ茶色に染まります。
ヘナは髪にも頭皮にも優しいのでカラーリング剤でかぶれる人にはお勧めです。
白髪染めカラー
長年ヘナで染めてきましたが、40代になり毛先が細くなる症状がひどいのでまた別の美容院で相談しました。
すると普通のアルカリ性カラー剤のほうが合うのでは、と言われました。
試しに普通のカラーで染めてみると髪全体のきしみが減り、こしが復活しました。
炭酸水シャンプー
こちらも美容院で試しました。炭酸水でシャンプーをすると髪の艶が出てきます。
しかし自宅では無理なのでこれはセットをする時だけ美容院でしています。
髪形や服装を新しくすると心も元気になります。
ある程度の年齢になると髪のケアも変えていく必要があります。
髪の健康は心身の健康と連動します。食事睡眠ストレス、その他不具合を治しながら加齢とつきあっていくのは楽しいことでもあります。

Read More